鼻毛の森​​エンターテインメントジャパン

代表​橋詰晋也永遠の33歳独身花嫁募集中

 

#シンガーソングライター疑惑

#ラジオパーソナリティ崩れ

#文筆家気取り

#評論家もどき

#セルフプロデューサー 

脱・理想論を掲げ、王道J-POPでは描ききれない“残念な現実”のみを歌うJ-POPソングライターです。

活動初期の失恋相手にあてつけた「それまではそばにいるよ」を皮切りに、「誰でもよかっただから君でもよかった」「幸せだと思うことにするよ」「社会にあるだけの中の一つ」「真にうけないで」などメッセージ性が強すぎる楽曲を量産しております。

マーケティングを度外視した生々しい歌詞、無駄に売れ線なメロディ、悪ふざけが過ぎる豪華なアレンジワークによるアンバランスぶりがたびたび注目され、9種のCD(うちメジャー6枚)をリリースするキャリアの中で、「女性を敵に回しすぎてしまうシンガーソングライター」として、フジテレビ「アウト×デラックス」などの全国メディアにもたびたび登場し、反響と粛清を繰り返してまいりました。

現在、在住の北陸と東京(※コロナ自粛中)を拠点に、ラジオを中心としたMC業や、商業広告・企画記事全般を担う文筆業との3本柱で成り立つ自転車操業となっており、説得力と切り口・切れ味で“リアリスト”としての需要が拡大中で、日本唐揚協会や、航空自衛隊小松基地グルメ、金澤手羽先、競馬業界への楽曲提供など「唐揚げ」とも縁が深い存在として認知を広げています。

無題314_20220925181617.png

王道恋愛ソングと応援ソングに抜本的治療効。

鼻毛の森は音楽界のセカンドオピニオンで、

創り出す楽曲は人生の免疫力のワクチンです。

 

意識の高すぎる現代社会に警鐘を鳴らすべく、2004年より10年先の現実を見据えた理想論撲滅活動を継続する『鼻毛の森』ですが、(現実から)目を背けたい抵抗勢力の台頭も顕著で、本日も安定の苦戦を強いられております。思い返せば活動10年目となる2013年、芸能界のデラックスな御意見番様より、「現実にわざわざお金を出す人なんていないわよ!」と直々にアウトをいただいておりましたが、その言葉が我が身に染み、不毛な半生を悔いる私の有様もまた、現実的宿命と痛感しております。  

とはいえ、実社会はより現実を看過できない状況へまっしぐら。気休めが放置した中途半端な人材、忖度が生み出したなんちゃって優等生らが(案の定)夢破れ、行き場を失い、掌を返した同族らも「明日は我が身」と震える・・・一歩間違えれば泥沼な未来はすぐそこです。なので、まだ間に合う人は間に合う今だからこそ、来たるべき残念な現実に先回りし、目を覚ましてくれる第三者(しかも経験者)・・・セカンドオピニオンが必要なのではないでしょうか。   

当方が発する現実(歌詞)は、シビアな保守論で組み立てられておりますが、確実に心当たりしかないはず。全否定できるのは、完璧な大人か末期症状の勘違いのどちらかです。自分探しと称し、ゴールのない旅に逃げる予算をお持ちなら、まずは「理想論撲滅ソング」をお買い求めください。いや、なくても買うべきなのです。むしろ、買いなさい。そして、現実を笑いましょう。

痛すぎる歌詞と馴染み過ぎるメロディ!
理想論撲滅ソングは価値観の再構築をお手伝い。 

 

不安の数だけ前向きな後押しを求めてしまうのは仕方なき人間の性質です。そんな背景が、数々の「名言」や「名曲」を市場に送り出してきたわけですが、特に消費者ファーストの近年は、ニーズを最重要視したビジネス志向のメルヘン作品も乱発気味となっており、結果、真に受けすぎたユーザーの“堅実な未来”が先送り、もしくは閉ざされる負のサイクルが懸念されております。
「夢は必ず叶う」・・・「この愛は永遠」…「君ならできる」・・・耳障りのよいポジティブワードですが、長期的に見てみると、いかがでしょう?これらは概ね 必然と偶然の連鎖に恵まれた成功例の後追いであり、むしろ良質な必然に出会うこと自体が偶然なので、概ね偶然と考えるのが必然です。
一方、「理想論撲滅ソング」は、等身大の必然(現実)のみを描いており、さらに耳馴染みよいメロディに乗せ、どこか懐かしい定番の「J-POP」サウンドで相殺しておりますので、気軽に自身を見直せますし、他者への嫌がらせにも最適です。
矛盾に先回りし、真実のステージ(人生)へ。『鼻毛の森』は人生の「整理整頓」を応援します。


 

慣れはクセとなり、旨味へと変わる…
味わいが深すぎるオトナの万能調味料です。

 

笑えない現実があるならむしろ笑いたい…もはや笑うしかありませんよね?
数々のJ-POPが継承してきた“大衆的”メッセージにアクセントを加え、“現実”に置き換えた「理想論撲滅ソング」は、ピリリと心の奥底に響く絶妙なる辛口仕立て。ただ、人間の本質が持つ天然の旨み(痛々しさ)が引き立つよう、ベースとなる音楽は基本に忠実な王道路線を追求しており、多くのオトナ世代からリピートもいただいております。ビターな世界観を、むしろオイシクお召し上がりください。